イベント情報

掲載中の案内はありません

XBRLプログラミング お役立ちサイト集

XBRLデータの取得や分析などを行うプログラムを作ってみたいときに参考となるサイトを紹介します。
ご紹介するサイトはすべて外部へのリンクとなっています。

Qiita - XBRL Japan

XBRL Japanのメンバーが中心となってアカウントを運営しています。XBRLの基礎的な知識からXBRLデータの取得、分析といった幅広い記事を載せています。定期的に追加していきますので、時々見に来てください。
また、XBRLで検索していただくと、XBRLに関するさまざまなプログラムが出てきますので、そちらもぜひご覧ください。

クリック!

Arelle

オープンソースのXBRLプラットフォームを提供するプロジェクトであるArelleの公式サイトです。PythonのライブラリやXBRL検証のソフトウェアなどがダウンロード可能です。

クリック!

【Pythonで財務分析】XBRL解析のためにArelleをインストール

Arelleの利用方法について解説されています。Arelleに関する丁寧な説明とインストール方法などが丁寧に記載されております。

クリック!

XBRLまとめ

XBRLの決算データの取得から分析するまでの多岐にわたる記事が掲載されています。
非常に内容が濃く、かつ広範囲に渡った記事が記載されています。EDINETだけではなく、米国のEDGRARからXBRLデータを取得するプログラムも開発されています。

クリック!

Zenn - XBRL

以下の記事が記載されています。非常に読みやすくて参考になります。

【Python】EDINETのAPIを使って有価証券報告書をXBRL形式で取得する
【Python】XBRL形式の有価証券報告書のテキストデータを取得する
【自然言語処理】【Python】有価証券報告書の非財務情報(テキストデータ)を取得する

クリック!

XBRLのページ

専修大学商学部紀要「専修商学論集」に掲載された「専修大学商学部でのXBRL教育」に掲載された研究ノートで使用したファイル、教材を配布するページです。Excel VBAを使ったXBRLデータの利用について書かれています。

クリック!

【ExcelVBA】XBRLからデータを取得する

Excel VBAを使ってXBRLからデータを取得する方法が紹介されています。

(前編)クリック!

(後編)クリック!

XBRLを読み込んで財務三表コピペの数値ミスを軽減する(Python)

Pythonを使って有価証券報告書のXBRLデータを読み込んで、毎年の財務数値をCSVファイルに出力するプログラムが記載されています。

クリック!

XBRLを読み込んで大量保有報告書に関するデータを取得する【Python】

Pythonを使って大量保有報告書のXBRLデータから値を取得する方法について記載されています。

クリック!